読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20150522

 今日は出勤日なので、特に書くことはない。夜中にtofubeatsの『FANTASY CLUB』がリリース。非常に抑制されたアルバム。『First Album』がビバップ、『POSITIVE』がスイング、『FANTASY CLUB』がクール、というイメージ。正直、一聴ではこのアルバムの印象を捉えることができない。当分はこのアルバムをリピート再生することになりそう。

 tofubeatsは『FANTASY CLUB』で歌詞に向き合ったそうだ。そのことについて語ったインタビューが妙に印象に残っている。音楽という抽象的なメディアで、歌詞(言葉)という具象的な要素に向き合うのは大きい覚悟が必要だったのではないだろうか。

 tofubeatsの新しいアルバムについて、語ってみようとしたところで、音楽はスルリと通り抜けるように流れていく。音楽は好きなのに、それを語る言葉が一向に手に入らない。どうしようもない。

20170521

 今日は職場の後輩の結婚式。神前式に出るのは5年ぶりくらいか。神前式で結婚式を挙げた友達とはもうそれ以来連絡をとっていない。

 結婚式を終えて、職場の人たちと飲みにいく。主に仕事の話。上層部の人たちのくだらなさに嫌気がさす。

 飲み会を終えて、つじ田でつけ麺を食べる。

 帰宅してそのまま気絶。酔いが覚めたら走りに行こうかと考えていたけど、そんな気にもならず。

 結婚式を挙げた神社は、とても掃除が行き届いていた。美しい場には人が集まる。とても有名な神社という訳ではなかったが、とくにイベントがある日でもないのに、多くの人が訪れていた。

 夜中の12時過ぎに一度起きたが、多分少し携帯を弄っただけで、また眠った。

 結婚式という大きなイベントがあったにも関わらず、特に書くことがない。たぶん、結婚というテーマに向き合うことを無意識に拒否しているのだと思う。あと20文字程でこの日記を終えるけど、本当に書くことがない。

20170520

 今日は日勤。色々と忙しくなると思っていたが、そうでもなかった。

 仕事を終えて、早々に帰宅。安くなっていた豚肉と、アイスを2つ買う。新しくオープンしたスーパーにはまだ行ってない。

 帰宅してからは、昨日見た水曜日のダウンタウンを再度飛ばしながら見る。矢口真里に説教して、号泣してからのカットの下りを繰り返し見る。アイスとポテトチップスを食べる。

 ボクシングを見る。なんか判定で負けてしまって、テレビも変な雰囲気。どうも感情移入できない。

 自分の文章を読んでいて、自分の感情の機微のなさみたいなのが際立つ。というか、自意識過剰というか。多分、自分の感情を文章に表すことに恥ずかしさを感じているし、その文章、感情自体が、他人に思わされている、書かされている、みたいな疑念から自由になれない。

 でも、今、その不自由さを正直に書けているだけ、まだ自由な感じがする。それだったら、まだいい。こういう駄文を人目にさらして、のうのうと生きているのだから、まだ自分は自由だ。と、思う。

20170519

 日記の形をとっているが、とりあえず考えたことを400字程度で書く文章。

 仕事を終えて、またひとりカラオケ。前回に比べるとラップのノリが悪い。

 帰宅し、うどんを二玉食べて眠る。

 起きて、大井町に向かい、フットサル。今日は自由に蹴ることができた。なぜなら、広かったから。自由は広さに比例する。

 発泡酒を二本買い、その他つまみなども買い、帰宅。水曜日のダウンタウンを見ながら、酒を飲む。水曜日のダウンタウンの構成の妙が良かった。

 それなりにネタの多い一日だったように思うけど、400字を埋めるのは辛い。それでも続けてみようと思う。自分の文章力のなさ、根気のなさ、そんなことを考えていると辛くなる。そもそも、そういった力は必要なのか、その力がないことに絶望しているのか。考えれば考えるほど、ドツボにはまる。

 まだ、自分の気持ち、生活の整理が全然できてない。確実に整理を進めていこうと思う。急がず、少しずつ。

20170518

 昨日のことだけど、もうこの日のことを忘れている。健忘症だろうか。

 何時に起きたかを思い出そうとするが、多分9時過ぎ頃だっただろうか。何をしていたのかてんで思い出せない。昨日買ってたカップ麺を食べた。何か夢を見た。自分は競馬の騎手になり、減量のことに腐心する夢だったと思う。たまに見る、高校生の年頃の山が辛い。もう自分の人生の取り返しのつかなさとか。

 人生についての考えを深めるのは本当に精神的なダメージを負う。なんとなく、柴崎友香の『その街にいなかった私』を読みたい気分だが、本をどこにやったか忘れてしまっている。あの小説の登場人物は非常に魅力的だ。どの登場人物にも自分の一部が存在している気になる。

 何が楽しくて人生を生きているのか。なんとなく楽しんでるのはアマゾンプライムビデオのドキュメンタル。それぐらいしか人生における楽しみはないのだろうか。それは幸せなことなのだろうか。あまり考えたくない。

20170517

 仕事を終えて、一人カラオケ。今日はラップのノリがいい。最後にSTUTSの『夜を使いはたして』を見つけて、二回歌う。

 安売りのネギと牛肉を買って、家に帰る。家に帰ったら、料理する気を失って、気絶。

 歯医者の時間を間違えて、迷惑をかけてしまう。待っている間に読んでいた寺山修司『書を捨てよ町へ出よう』にあった「道徳は権力者のためのもの」という言葉が妙に心に残る。

 帰って、そばを茹でて、コロッケをのせて、食べる。汁に浸かったコロッケは最高。

 『キャッチ=22』を読み進める。ほんとに読みにくい。ちょっとすると、すぐに集中が切れて、適当に読んでしまう。登場人物の関係性もすぐ分からなくなる。意図的なのだろうか。とは言え、もともと読書に対して、大した思い入れもないので、暇潰しだと思って、丁寧に読み進めてみようと思う。

 夜はアマゾンプライムビデオを見たり、自作スタ丼食べたり、酒飲んだりして過ごす。無為。

20170516

 ようやく、鬱的な状態から抜け出す目処が立った。ひとまず、自分の考えを整理する場としてこの日記を利用しようと思う。

 今日は朝の8時過ぎ頃に目が覚めた。そのまま布団の中でネットをし、9時過ぎに布団から脱出。それから100円ローソンで、カップ焼きそばと大量のパンを買い込み、朝食とした。

 朝食をとりながら、アマゾンプライムビデオのドキュメンタルシーズン2を観る。シーズン2のメンバーの中ではアンジャッシュ児嶋が一番気を吐いているように思う。黒沢清の『トウキョウソナタ』に出ていたアンジャッシュ児嶋を思い出す。また俳優をやって欲しい。

 その後、特にとりとめもなく寝る。起きると、汗をかくほどの陽気。

 ギリギリの時間まで寝てしまったので、洗濯物も干せず、弁当も作れず。

 通勤中は『キャッチ=22』を最初から読み始める。なかなか読み進めることができない。登場人物も多いので、記憶力のない自分にはキツい。