読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170518

 昨日のことだけど、もうこの日のことを忘れている。健忘症だろうか。

 何時に起きたかを思い出そうとするが、多分9時過ぎ頃だっただろうか。何をしていたのかてんで思い出せない。昨日買ってたカップ麺を食べた。何か夢を見た。自分は競馬の騎手になり、減量のことに腐心する夢だったと思う。たまに見る、高校生の年頃の山が辛い。もう自分の人生の取り返しのつかなさとか。

 人生についての考えを深めるのは本当に精神的なダメージを負う。なんとなく、柴崎友香の『その街にいなかった私』を読みたい気分だが、本をどこにやったか忘れてしまっている。あの小説の登場人物は非常に魅力的だ。どの登場人物にも自分の一部が存在している気になる。

 何が楽しくて人生を生きているのか。なんとなく楽しんでるのはアマゾンプライムビデオのドキュメンタル。それぐらいしか人生における楽しみはないのだろうか。それは幸せなことなのだろうか。あまり考えたくない。